ミネラルについて vol.101

武蔵小山・西小山のパーソナルジムEAGLE BASEです。

今回はミネラルについてです。

ミネラルは生体を構成する主要4元素である酸素・炭素・水素・窒素以外の総称で、

『無機質』とも呼ばれます。

ミネラルは、骨や筋肉の元となったり、体の調子を整えたりなど重要な役割を果たしています。

人体には100種類以上のミネラルがあり、体内で必須であるミネラルは16種類あると言われています。

主要ミネラル:カルシウム・リン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウム

微量ミネラル:鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム・ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルト

その中でも代表的なものをまとめました。

【カルシウム】

 カルシウムは骨と歯を作る為に必要な栄養素で、ミネラルの中でも一番に多いと

 言われています。

 体内に存在するカルシウムは99%が骨と歯にあり残りの1%は筋肉や血液に存在します。

 そしてカルシウムは筋肉の収縮にも大きく影響します。

 筋肉や血液に存在する1%のカルシウムで出血を止めて、脳や筋肉の活動など生命の維持に

 重要な役割を果たします。

 特に筋肉の収縮にも大きく関与する栄養素です。

 牛乳・乳製品・小魚・海藻類・大豆製品・緑黄色野菜に多く含まれています。

【リン】

 リンは、ミネラルの中でカルシムの次に多い栄養素です。

 体内にあるほとんどのリンが、骨や歯を生成するために必要な栄養素となっています。

 残りの15%は、筋肉や神経など色々な組織に含まれており、エネルギーを生成するための

 役割を担っている。

 魚介類・牛乳・乳製品・豆類・肉類などに多く含まれている。

【カリウム】

 カリウムは成人の体内に120g-200g含まれています。

 ほとんどが細胞内に存在していますが、一部分には血液や体液・骨などにも含まれています。

 細胞内液の浸透圧を調整し、一定にキープする働きや水分を保持する働きを担っています。

 ナトリウムを排出する作用をもっているので塩分の摂りすぎを調整する働きがあります。

 むくみを取り除いたり汗を排出させやすくなります。

 バナナや干し芋、色の濃い野菜や・芋・豆類・干物などに多く含まれます。

【ナトリウム】

 ナトリウムは成人の体内に約100gほど含まれています。

 食塩の形で摂取されることが多く、ほとんどが細胞外液に含まれており

 浸透圧を調整したり外液量を一定にキープする働きがある。

 食塩や醤油に多く含まれている。

 日本人の食生活は特に塩分は簡単に摂り過ぎてしまうため注意するようにしましょう。

【マグネシウム】

マグネシウムは成人の体内に20ー28gほど含まれており、カルシウムやリンと同様に

骨や歯の生成に必要です。

カルシウムのほとんどが骨に貯蔵されるのに対して、マグネシウムは50−60%が

骨に含まれています。

マグネシウムは神経の興奮の抑制を行い、エネルギーの生成のサポート、

血圧の維持などの役割を果たします。

豆類・海藻類・魚介類に多く含まれています。

【鉄】

鉄は体内に3g〜4g ほど含まれています。

体内にある約 70%の鉄が、血液中にある赤血球を生成するへモグロビンの成分です。

そして、約 25%の鉄が肝臓などに貯蓄されている。

ヘモグロビンは、呼吸から取り入れた酸素とくっつき、

肺からカラダのすみずみまで酸素を運び届ける働きを持っています。

海藻類、貝類、レバーなどに多く含まれている。

女性には貧血の人は多いため、意識して摂取する。

【亜鉛】

亜鉛は日本人に不足しがちと言われている栄養素ですが、カラダのありとあらゆる器官に必要なミネラルで

ある。味覚を正常に働かせ、アルコールの分解、性機能の維持など幅広く活躍する。

また、新たな細胞を生成する際の DNA の複製、タンパク質の合成などにも関わる。

細胞の再生に必要不可欠な成分である。

魚介類、肉類、穀類などに多く含まれている。

日本人には亜鉛が不足しがちなのでこちらも意識して摂取しましょう。

【銅】

鉄は血液中から赤血球を生成するために必要な栄養素ですが、銅は鉄が赤血球を生成するためにサポートをする役割を果たす。

したがって、鉄が十分足りていても銅が不足していれば、赤血球をうまく生成することが出来ない。

また、銅はカラダの中にある様々な酵素となり、活性酵素を撤去する働きがあり、

骨の形成をサポートする働きがある。

レバー、魚介類、豆類などに多く含まれている。

【マンガン】

マンガンは色々な酵素の構成成分に利用され、酵素の活性化に役立つ栄養素である。

また、骨の形成に関わっており、糖質や脂質の代謝に働く酵素、抗酸化作用のある酵素などの構成成分

になることから、人間の成長にとても重要な栄養素である。

穀類、豆類、種実類、小魚などに多く含まれている。

【まとめ】

今回はミネラルの中でも特に代表的なミネラルについてでした。

不足していると感じている方は、特に意識して摂取するようにしましょう!

サプリメントなどでとるのもおすすめです。

【関連記事】

水溶性ビタミンの摂取について vol.87

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/