サプリメント」カテゴリーアーカイブ

貧血で悩む人へ 貧血を防ぐ為の栄養素とは? vol.48

貧血

こんにちは、武蔵小山のEAGLEBASEパーソナルトレーナーの沖津です。

貧血に悩んでいるかたは意外といるものです。
過度な食事制限やダイエットによる影響で貧血気味になっている方も比較的いらっしゃいます。
趣味でマラソンをやっている人も貧血になるリスクは高いといえます。

貧血を予防するためにはどんなことに気をつけたら良いのか考えていきたいと思います。

貧血とはどのような状態か

貧血は病気の名称ではなく、血液中の赤血球や赤血球内で酸素を運搬する役割をもつヘモグロビン濃度が低いことと定義されます。

ヘモグロビンが不足する体内にきちんと酸素が行き渡らずめまいや息切れ、倦怠感を感じるようになります。

女性は生理によって血液を体外に排出してしまうため、男性よりも鉄が欠乏しやすく貧血を起こすリスクが高まってしまいます。

貧血の際に鉄分をとると良いとよく言われるのは、ヘモグロビン内の鉄原子が酸素と結びついて運搬するためです。

貧血の種類

鉄欠乏性貧血

過度な減量や食事制限、過剰な運動によって、体内の鉄やタンパク質が足りなくなってしまう時に
起きやすくなります。
食事から十分な鉄やタンパク質が摂れていなかったり、運動によって鉄の喪失が増加することが要因となります。

体重管理が必要な競技、新体操やバレエ、長距離走に取り組んでいる人や長期間のダイエットあるいは過度なダイエットをしている人に起きやすくなります。

貧血気味な人は食事をしっかりと一度見直しましょう。

溶血性貧血

溶血性貧血は、スポーツや運動で頻繁に足裏を地面に打ち付ける
人に多く見られます。

物理的に足裏に刺激を与えていこことで赤血球が破壊されて、貧血を引き起こしやすくなります。

マラソンなどを好んで行う人や、バレー、バスケット、剣道などを行う人に頻繁に見られます。
赤血球の破壊が起きるため持久力の低下も感じやすくなってしまいます。

可能であれば、なるべくアスファルトよりも土や草の上などの柔らかい地面を走るようにする、
クッション性の高いシューズを履くようにすることをオススメいたします。

貧血予防に重要な栄養素

鉄の摂取

鉄の摂取というとサプリメントから摂取するイメージがありますが、
とりすぎにも弊害があるため注意が必要です。

まずは鉄を多く含む食事をしっかりと摂取するようにしましょう。
そもそも過度なダイエットや減量、体重管理をしている人は食事をしっかり食べるように見直しましょう。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がありますが、動物性の食品に多く含まれるヘム鉄の方が吸収率が高いため
ヘム鉄を多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。

ヘム鉄を多くふくむ食品として有名なレバーや、赤身肉、マグロやカツオなどの魚介類を積極的に摂取しましょう。
体重を気にする人は、低脂質高タンパクな食品を摂るようにこころがけつつヘム鉄の摂取をしましょう。

ビタミンC

非ヘム鉄は、ヘム鉄と比べると吸収率は低いものの重要な鉄の供給源となります。
非ヘム鉄とビタミンCを一緒に摂ることによって吸収率を高めることができます。

ビタミンCを摂取することで免疫力を高めて風邪の予防にも役立ちます。
貧血気味の人はビタミンCも積極的に摂取するように心がけましょう。

お茶やコーヒーに含まれる『タンニン』は非ヘム鉄の吸収を下げてしまうため、
貧血で悩んでいて頻繁にお茶やコーヒーをとる人は、摂取を控えるようにしましょう。

タンパク質

赤血球を作る主な材料としてはタンパク質が挙げられます。
貧血の予防にはあまりイメージがないかもしれませんがタンパク質も非常に重要です。
ダイエットや減量をしていて、カロリーが高くなりがちな肉類や、魚貝類をしっかりとるようにしましょう。

貧血に悩まされている人は、アスリートであれ趣味でスポーツに取り組んでいる人であれ、
運動量が非常に多い割りに、食事からの栄養補給が足りていない人が多い傾向にあります。

あまり運動をしていない周囲の人と比べて自分の食事摂取量、栄養補給を判断するのではなくまずは
自分の運動量にしっかり見合った食事の摂取や栄養素の摂取ができているのかしっかりと見つめ直しましょう。

まとめ

個人的な主観ですが、趣味でマラソンをやっている人でも月間の走行距離がものすごく多い人も
スポーツクラブなどには結構います。

そういった人は、しっかりと食事をとっているつもりでも運動量に見合った栄養補給ができておらず
常に貧血気味の人も多く見受けられます。
『運動量に対して』十分な食事がとれているか一度考えてみてください。

貧血で悩まされている人は、こちらの記事を読んで自分がどの原因が当てはまるのかを洗い出し、
それに対応した対策をとるようにしましょう。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

GLP-1ダイエットとはvol.9

女性の方が内臓脂肪がつきにくい理由 vol.42

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

プロテインは水と牛乳どっちで割るべき? vol.44

プロテイン

こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLEBASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。
プロテインを飲む際に牛乳で割っても良いの?という質問をたまに受けます。
プロテインを飲む際は、何で割って飲むのが良いのでしょうか。
考えてみたいと思います。

基本は水で割るべき

いきなりですが、基本は水で割るべきです。
今はあまり書かれていないようですが、以前はよくパッケージに牛乳で割った場合の記載もされていました。
しかし、運動後・トレーニング後などの迅速なタンパク質補給には牛乳は向いていません。

元々は牛乳を精製した際に出る上澄みの部分をプロテインとして加工しています。
それを精製元の牛乳に再度溶かして入れてしまうのでは少々効率が悪いように感じます。

水で割るメリット

吸収がはやい

筋トレを行うと体内では筋肉の合成を高める為に、筋トレ開始直後から様々な反応がおきます。
なので運動後・筋トレ後のプロテイン摂取は吸収のスピードが重要です。
余談ですが最近ではそこの吸収スピードの高さに着目してEAAやBCAAなどのアミノ酸の摂取が勧められています。
複合アミノ酸や、ペプチドタイプのサプリメントが勧められるのもこのような理由から来ています。

つまり運動後・筋トレ後に関して言えば吸収スピードに勝る水でプロテインを飲むことが必須です。

牛乳だと牛乳の中に含まれるカゼインプロテインが、胃酸の影響でゲル状にかたまり吸収が遅くなってしまうため控えた方がよいでしょう。

プロテインのフレーバーを邪魔しない

今は昔と違ってかなりの種類のフレーバーが販売されるようになりました。
プロテインのフレーバーによっては、牛乳やそのほかのもので割ることによって
風味を邪魔してしまう可能性があります。

ひと昔前のプロテインだと、牛乳などで混ぜないととても飲めなかったのが今は
ほとんどのフレーバーが美味しく飲めるように進化しています。

味の面からも牛乳など割ることも今は昔ほど必要ではないでしょう。

用意しやすい

シンプルな理由ですが、水は準備しやすいです。
牛乳の場合はどこかで購入する必要がありますし、その場で飲まない場合は冷蔵庫などで保管する必要があります。
きちんとした環境で保管しないと痛む可能性もあります。

そういう意味で言うと水道水でよければほとんどコストが掛からずスポーツ後や筋トレ後でも準備しやすいと言えます。

牛乳で割るメリット

美味しい

こちらもシンプルですが、牛乳で割ると美味しいです。笑

甘い系のフレーバーであれば大体の物は牛乳で割って飲むことで美味しく飲めるのではないでしょうか。
どうしても購入したプロテインが舌に合わないという場合は、牛乳で割って消費するのもアリです。

あえて吸収を遅くする

牛乳で割ると吸収が遅くなってしまうということを逆手にとって、
就寝前などに摂取するのは効率がよくなります。

就寝中は長い時間栄養補給ができないため、プロテインを牛乳で割って吸収をあえてゆっくりにさせることによって、
プロテインを水で割って飲むよりも、就寝中も血中のアミノ酸濃度を高い状態でキープすることができます。

プロテイン単体の時より栄養価が豊富

プロテインと水で飲む時よりも、プロテインと牛乳で飲んだ時の方が牛乳の分栄養価が豊富になります。

牛乳の分のタンパク質も多く摂取できますし、カルシウムやビタミンなどの微量栄養素も追加して摂取することができます。

食間時の栄養補給時など、速い吸収が必要ない時は牛乳で割って飲むことも選択肢に入れるのはアリでしょう。

プロテインを摂る時は糖質を一緒に摂る

プロテインを牛乳で割るのか、水で割るのかとは別の話になってしまいますが、
タンパク質を摂取する際には糖質を一緒に摂取するとタンパク質合成がより促進されることがわかっています。

糖質の摂取によってインスリンの分泌が高まります。
インスリンは、筋肉の合成反応を高める役割をしているため、糖質を一緒に摂ることを心がけましょう。
また、トレーニング後や運動後は体内のエネルギーが枯渇状態に陥っているため、エネルギー補給という意味でも重要です。

なので、トレーニング後やスポーツなどの運動後にプロテインを飲む際は、スポーツドリンクやフルーツジュースなど糖質を含む物とプロテインを一緒に摂ることをお勧めします。

または、吸収スピードが早い単純炭水化物などと一緒にとるようにしましょう。
脂質が少なく、砂糖やブドウ糖をふんだんに含んだ和菓子などと一緒にプロテインを飲むことをお勧めします。

また運動直前のプロテイン摂取が筋肉の合成を促進するという報告もあります。
しかし直前の摂取は胃の不快感や消化不良を引き起こす可能性もあるため、様子を見ながら調整したり
予算的に可能であればアミノ酸の摂取ができるようにしましょう。

まとめ

意外に多い質問であるプロテインは何で割って飲むべきかについてまとめました。

まとめると、基本は水で飲むことをベースに考えましょう。
吸収スピードがそこまで求められないタイミングでは牛乳に割って飲むのもOKです。
そして、運動後トレーニング直後は糖質を含む食べ物か飲み物と一緒にプロテインを飲む。

ベースは上記を基準に考えて見てください。

サプリメントにかけられる予算や、余裕があればタイミングに応じてより吸収の速いアミノ酸の使用も検討しましょう。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

プロテインを飲むと太る? たんぱく質の重要性を考えるvol.3

ダイエット時はプロテインを飲まない方が良いvol.11

おすすめプロテイン3選! 筋トレ初心者必見 vol.19

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

肥満と生理不順・不妊 vol.43

生理不順不妊

こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLE BASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

肥満と生理不順・不妊の関係についてです。
痩せすぎ・太りすぎは生理不順やそれに関係したトラブルを引き起こしやすいです。
その関係について考えていきたいと思います。

生理不順

内臓脂肪が増えてインスリンの分泌値が過剰になると、生殖機能に影響を与えて生理不順などをひき起しやすくなり排卵が正常に行われにくくなります。

排卵が正常に行われにくくなると、月経の期間が延びたり月経が起きなくなったり生理不順の状態に陥ってしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群

排卵障害の一つで、脂肪が増えてインスリンの過剰分泌が起きることで男性ホルモンが増えて卵胞の成長を妨げるのが原因とされます。

妊娠率の低下

排卵しても卵子の質が低いことにより、受精卵がうまく育たず着床しにくくなりなか妊娠できない不妊状態になる。

過度な肥満が原因で不妊に状態になっている場合は、肥満を解消することによって改善されることもあります。

肥満の解消は不妊治療の有効な一手です。

ですが、焦って無茶なダイエットを行ってしまっては本末転倒なので、無理なく健康的なダイエットをするように努めましょう。

痩せすぎには注意

過度な痩せすぎも生理不順や不妊の原因となります。

皮下脂肪が少なすぎることによってエストロゲンが十分に分泌されない為、それが原因の一つとなってしまいます。

過剰な痩せ思考の為にBMIが18を下回るような人は、しっかりと食事を摂って体重を増やすようにしましょう。

まとめ

過度な肥満も過度な痩せも、体にとっては悪影響を及ぼすことが非常に多いです。

肥満の人は、しっかり食べてしっかり動くような健康的なダイエットを心がけましょう。

痩せすぎの人も、自身の食生活や生活を見直し、痩せていれば痩せているほど良いという思考は一度見つめなおしていくことをおススメします。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

女性の方が内臓脂肪がつきにくい理由 vol.42

貧血で悩む人へ 貧血を防ぐ為の栄養素とは? vol.48

お客様成果事例(結婚式編)vol.73

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

水分補給とスポーツドリンク  アイソトニック・ハイポトニック飲料 vol.39

スポーツドリンク

こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLEBASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

水分補給といえばスポーツドリンクを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

スポーツドリンクと水分補給についてです。

人間の体と水分

人間の体は約60%が水分です。
体重全体の約3%の水分が失われると、脱水症状や熱中症など様々なリスクが生じてきます。

運動中や、日常生活の中で多くの水分が体から出ていくため、のどがくぁいたと感じる前にこまめな水分補給を心がけることが重要です。

ちなみにトレーニングをしない人であっても一日に約2.5L程度の水分を消費しているといわれます。
勿論食品の中にも水分は含まれているのですべてをミネラルウォーターから摂取する必要はありませんが、こまめに水分を摂り不足しないように心がけましょう。

水分補給のタイミングとしては、のどが渇いたと感じてからでは遅く、とにかく早め早めに水分補給を心がけることが重要です。

スポーツに取り組んでいる人は、カーボローディングやクレアチンローディングを行うように、ウォーターローディングを心がけるようにしましょう。

大雑把にまとめると、試合当日に向けて前日位から多めに水分補給を行うようにします。

よりエネルギーを要求されるスポーツに取り組んでいる人は、水分と同時に糖質などのエネルギーや、ミネラル(電解質)をあわせて摂取するように心がけましょう。

浸透圧とスポーツドリンク

水分補給した成分が体内にいかに素早く吸収されるかというのが重要です。

胃から腸への吸収速度と、小腸での吸収速度が大事で多くのスポーツドリンクはこれを重視して開発されています。

浸透圧とは、ドリンクにおける糖質の濃度や電解質の量によって左右され濃度が高いほど浸透圧は高まります。

アイソトニック飲料

浸透圧が体液と同等のものをアイソトニック飲料と呼び、ポカリスエットやゲータレードなどはこれにあたります。
腸から体内にかけての吸収が早く優れています。
胃から腸の吸収はそこまで早くない為ややお腹に水分が溜まる感覚があります。
スポーツしている時の脱水で、あわせて糖質やミネラルを摂取したいときにはアイソトニック飲料が向いています。

ハイポトニック飲料

浸透圧が体液よりも低いものをハイポトニック飲料と呼びます。
アイソトニック飲料と違い、ハイポトニック飲料の方が胃から腸への吸収速度が速いことがわかっています。
どちらかというと経口補水液になどがこちらに近くなっています。

浸透圧を抑える為、塩分や糖分は少なめなので素早く水分補給するのに向いています。

まとめ

目的に合わせてしっかりと水分補給を心がけましょう。
意識しないと中々十分な水分補給はできていないケースが多いです。

運動がトレーニングが趣味の人は、水分補給と同時にエネルギー補給も欠かさないように心がけましょう。

編集後記

季節の変わり目ということもあり、体調を崩されている方がお客様の中にも多くなってきています。
風邪にかかるときはほとんどが口からのウィルス侵入だといわれていますので手洗いを心がけて、口や顔を触らないように気をつけましょう。
サプリメントではグルタミンとビタミンCの摂取がおススメなので試してみてください。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

プロテインを飲むと太る? たんぱく質の重要性を考えるvol.3 

ストレス太りの原因vol.13

部分痩せはできるのかvol14

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

コエンザイムQ10ってなに?vol.38

コエンザイムQ10

こんにちは、目黒区武蔵小山のEAGLE BASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

コエンザイムQ10てなんなんだろう?と思った事はないでしょうか。
テレビやCMなどで耳にして何となく体に良いのかな。。位の認識の方が多いのではないでしょうか。

なんだかアニメや映画、漫画の敵役の人造人間の名前みたいです。
コエンザイムQ10とは何に良いのかまとめていきたいと思います。

コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10(CoQ10)は、別名『ユビキノン』と呼ばれ、細胞や植物、動物など種を超えて存在します。

ビタミンと同等の機能を持つことから、ビタミンQと呼ばれることもありましたが、その後体内でも生成されることがわかり、コエンザイムQ10という名称に戻されました。

元々は心臓病の薬としての医薬品成分でしたが、2001年に健康食品素材として使用できるようになり広まりました。

CoQ10は『還元型』と『酸化型』の2つがあり、通常は還元型の方が
効率よく体内で利用できるといわれています。

CoQ10の効果としては大きく2つあります。

一つ目は、ミトコンドリア内でのエネルギーの産生に大きくかかわり重要な役割を持っています。
そのため持久系の競技を行うアスリートにおいて、長時間の運動パフォーマンスが向上するという報告が数多くされています。

二つ目は、抗酸化作用です。
運動による活性酸素を除去することで、筋肉の疲労を軽減させることができます。
還元型コエンザイムQ10は28日間にわたり摂取し続けることで血中濃度は高まり続ける為、マラソンやトライアスロンなど目標とする試合などがある場合は逆算して継続的に摂取することをおススメします。

肉や魚等から摂取することも可能ですが、十分な量を摂ることは大変で、年齢とともに体内での合成量が減少する為サプリメントからの摂取も検討するのがよさそうです。

まとめ

何となく耳にしたことがあり、なんとなく体によさそうというイメージはあるかも知れません。

趣味で持久系種目をやっている人も、シリアスなアスリートとして競技に取り組んでいる人も自身の摂取サプリメントの中に加えてみてはいかがでしょうか。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

BCAAとは?BCAAと体作りに対する効果 vol.33

グルタミンで風邪予防!万能サプリのグルタミン vol.35

クレアチンとは?効率的な摂取方法 vol.36

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

体脂肪燃焼させるサプリメント、何を選ぶ? vol.37

体脂肪

こんにちは、武蔵小山のEAGLEBASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

今回は脂肪燃焼サプリメントについてまとめていきたいと思います。
ダイエットをするにあたって、やはり効率的に体脂肪を減らしていきたいものです。

怪しげな海外製のダイエットサプリメントや、以前にもご紹介しているGLP-1ダイエットのようなものはやはり使用するべきではありませんが、しっかりと安全性がわかっているサプリメントや成分を利用して行くことはダイエットを成功させる手助けになるはずです。

是非ダイエットの際に参考にしてみてください。

脂肪燃焼させる

脂肪を燃焼させるためには、
・体脂肪を脂肪酸に分解する
・ミトコンドリア内膜まで運搬する
・TCA回路(クエン酸回路)での燃焼

という大きく分けて3つのプロセスを経て最終的に脂肪は燃焼されます。
この各プロセスに対して有効なサプリメントがそれぞれあります。

上手に脂肪燃焼させられるということは、スタミナアップと同時にダイエットう効果やメタボ対策となります。

それぞれのダイエットサプリメントの素材が脂肪燃焼におけるどのプロセスに効果的なのか把握しておくとより有益に利用できるはずです。

カフェイン

脂肪燃焼サプリメントによく使われる素材として最も有名なのはカフェインではないでしょうか。
カフェイン自体はほとんどの人が聞いたことがあるはずです。
カフェインの最も有名な効果としては覚醒効果だと思います。

眠気覚ましにカフェインを摂るためにコーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか。

カフェインは、脂肪燃焼を促進するノルアドレナリンを副腎から分泌させリパーゼを活性化させます。その結果リパーゼが脂肪細胞に働き脂肪酸へと変換させて血中を流れ、脂肪燃焼の場であるミトコンドリアへ送らせて燃焼させます。

有効量としては、100mg以上で脂肪燃焼作用があるとの報告があります。

これはコーヒーでいうと約1杯分程度です。
運動前に1-2杯程度のブラックコーヒーを摂取するようにしましょう!

ちなみに、以前はカフェインはドーピング対象の成分でしたが2004年に禁止リストからはずれました。

常識的な範囲で日常的にお茶やコーヒーの摂取であれば問題ない事がわかっています。

ガルシニアエキス(HCA)

ガルシニアエキスは、摂取した炭水化物が脂肪として蓄積されるのを抑え、脂肪酸をクエン酸回路の中で効率よく消費させ続ける働きがあります。

そしてカフェインとの相性が非常に良いので、同時摂取することにより脂肪燃焼の相乗効果があり、併用することをおススメいたします。

運動の30分ほど前にガルシニアエキスを摂取することをおススメいたします。

カルニチン

カルニチンは、脂肪細胞より分解された脂肪酸をミトコンドリアの中に運ぶ役割を持つアミノ酸です。

カルニチンを摂取して運動することにより、無摂取で運動するよりも33%の体脂肪が燃焼されダイエット効果を発揮することが知られています。

カルニチンは動物性のたんぱく質の中に多く含まれており、植物にはほとんど含まれていません。特にラム肉や牛肉に多く含まれています。

また、加齢とともに体内のカルニチン濃度は下がっていく傾向にある為、
年齢を重ねて痩せにくくなったと感じる人はカルニチンを摂取することをおススメいたします。

ヒハツエキス・カプサイシン

ヒハツエキスの和名はコロナガコショウといい、血流促進効果があります。

血流を改善することで脂肪酸を運びやすくしたり、副腎からアドレナリンの分泌を促したりして脂肪を脂肪酸に変換しやすくします。

ヒハツエキスのような香辛料としては、唐辛子のカプサイシンが良く知られており、同様の効果をもっています。

しかし、辛味が強い為胃の不快感や、腸管障害を伴いやすい為注意しましょう。

まとめ

ダイエットの基本は、しっかりとした食事管理と、適度な運動が大前提にあることは変わりません。

ですがその土台をしっかりとさせたうえで、よりダイエットを効率的なものにするために、サプリメントを使用することはかなりおススメです。

是非今回上げているサプリメントをお試しください。


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

ダイエットには緑茶を飲む vol.102

私が−14㎏落とした時に食べていたもの vol.95

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

 

クレアチンとは?効率的な摂取方法 vol.36

クレアチン

こんにちは、目黒区武蔵小山EAGLEBASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

トレーニングをする人であれば優先的に摂取したいサプリメントの一つがクレアチンです。
筋力が伸び悩んでいる、より競技成績を伸ばしたいという人には是非利用を検討してほしいサプリメントの一つです。

クレアチンとは?

クレアチンとは、アミノ酸の一種ですが体を構成しているアミノ酸ではありません。
アミノ酸は約500種類あるといわれており、その中でも体組成に使われているアミノ酸は20種類あります。その20種類の中には含まれていないアミノ酸です。

体内にあるクレアチンは骨格筋などに含まれていますが、瞬発的なエネルギーの再合成に使われています。

最大限のパワーを繰り返し発揮するのに役立ちます。

そして、クレアチンはサプリメントの中でもかなり体感しやすいものとして知られています。
初めてクレアチンを摂取した人では、ベンチプレスなどにおいて挙上回数が向上するのを実感する事を感じやすいはずです。

実際にベンチプレスやスクワットの挙上回数が上昇したという研究報告が多数されています。

ただし、クレアチンを摂取することで直接筋肥大するのではなくエネルギーの再合成する力が増えるためなので、無理をしすぎると腱や関節を痛めやすくなるため注意が必要です。

オレンジジュースやグレープフルーツジュースに混ぜて使用するのは良くないといううわさが出たこともあるようですが、具体的な根拠があるものではないようなのであまり気にする必要はなさそうです。

クレアチンローディングの方法

クレアチンの効果をより実感する為にはクレアチンローディングという摂取方法が有効です。

クレアチンのローディング期では、1日20gを4回程度に分けて摂取し、それを5-6日間かけて摂取することが適当と考えられています。
1日20gを4回に分けて摂取する為、1回分を5g前後に分けて摂取しましょう。

ローディングが完了したら今度はメンテナンス期です。
メンテナンス期は1日1回を2-5g程度摂取するようにしましょう。

そうすることで血中のクレアチン濃度を高く維持することが出来ます。

3ヶ月を1サイクルとして、3ヶ月の摂取期間終了後は1-2ヶ月クレアチンを摂らない期間を設けてクレアチンを抜く期間も作り、また再度クレアチンローディングを始めることが推奨されます。

クレアチンの摂取タイミングとしては、食後かトレーニングの直前・直後に摂取することが効果的です。

まとめ

クレアチンはなんとなく知っているけれど、正しい飲み方や効果をよく知らないという方もいるのではないでしょうか?

これを機会にもう一度クレアチンを摂取を検討したり、摂取方法を変えてみてください。

また、クレアチンを摂取することで筋肉がつりやすくなるという報告もあるようです。実際にクレアチンが直接の要因として足がつる原因なのかはわかっていないそうです。

ただしクレアチンを摂取していて足がつる人を調べたところ日常の栄養状態が良くない傾向があったとのことですので、まずは栄養状態を整えたうえでパフォーマンスアップの為にクレアチンを摂取するように心がけていきましょう。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

痩せる為にダイエットサプリメントは必要か vol.29

コエンザイムQ10ってなに?vol.38

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

グルタミンで風邪予防!万能サプリのグルタミン vol.35

グルタミン

こんにちは、目黒区武蔵小山のEAGLEBASEにて活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

武蔵小山でパーソナルジムを運営しています。

今回は、アミノ酸の中でも非常に重要なグルタミンについてです。
サプリメントに詳しくない方はもしかすると聞き慣れないサプリメントかもしれませんが非常に重要なアミノ酸で免疫機能を向上させるサプリメントです。

コロナウイルスの影響で注目されたサプリメントの一つでもあります。

グルタミンはどんなサプリメントか

グルタミンは必須アミノ酸ではありませんが、体内にある遊離アミノ酸のうち約60%がグルタミンで
運動やトレーニングをする人にとっては必須アミノ酸並に意識するべきアミノ酸です。

グルタミンほど沢山の機能を持ったアミノ酸は他になく、
・筋肉の分解抑制
・合成の促進
・成長ホルモンの分泌
・抗酸化作用
・消化管のエネルギーになる
など非常に体内の重要な役割担っています。

心身に強いストレスを感じた時などは体内のグルタミン量が不足していることがあります。
結果抵抗力や免疫力が低下してしまうことがあります。

ヒトの体内でエネルギーを使う大食漢は脳と腸です。
脳はブドウ糖をエネルギー源として利用しますが、腸はグルタミンをエネルギー源として使います。
脳と腸で使用するエネルギー源を奪い合わないようにできています。

そして、人間にとって重要なセロトニンというホルモンは約97%は腸で作られます。
そのような面からも消化管のエネルギー源になるグルタミンはとても重要なことがわかります。

また、胃粘膜もグルタミンによって修復されます。
胃腸薬にもグルタミンが添加されていることもあるくらいです。

免疫細胞の70%は小腸で作られます。
筋肉をつけることにも役立つのですが、それ以前にもっと重要な健康面にかんしてサポートしてくれるサプリメントです。

良いことだらけのグルタミンですが、唯一の弱点は変性しやすいことです。
そのため市販のグルタミンドリンクなどは中々商品として売り出されないようです。

グルタミンはいつ摂る?

グルタミンは3−5g程度を一度に摂取するようにしましょう。
摂取するタイミングは比較的どこでも大丈夫ですが、血中のアミノ酸濃度が落ちがちな
起床時や、エネルギー不足になりやすい就寝前に摂取するようにしましょう。
あた、免疫力が落ちやすいトレーニング直後も有効です。

風邪を引かないために

コロナウィルスの影響で注目されたサプリメントでもあります。

これからの季節風邪を引いたり体調を崩さない為には、
ビタミンCとグルタミンの摂取を心がけましょう!

また風邪を引きやすい人はよく顔や鼻・口などを触っている傾向強いそうです。

屋内でもマスクをして顔を触らないように気をつけるか、手を清潔にして
あまり顔などに触らないように心がけましょう。

まとめ

実はとても重要なサプリメントの一つであるグルタミンです。

自分自身もグルタミンを摂取するようになってからかなり風邪を引きにくくなりました。
意外にインストラクターやトレーナー運動量が多く、たくさんの人と接する機会が多いため
風邪を引いたり体調を崩す人が多いです。

毎年季節の変わり目などに体調を崩しやすい人は、是非グルタミンを摂取してみてください。


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

風邪を引かない、なるべく早く治す為に vol.97

水溶性ビタミンの摂取について vol.87

運動すると風邪をひきにくくなるのか? vol.56

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

BCAAとは?BCAAと体作りに対する効果 vol.33

目黒区の武蔵小山にありますパーソナルジムEAGLEBASEの沖津です。

アミノ酸やBCAAという言葉を聞くけど要するに何なのかよくわからないという最近トレーニングを始めた方も多いのではないでしょうか?

体作りの為に一番優先順位が高いサプリメントはプロテインということは揺るぎませんが、その次に優先順位の高いものとしてはEAAやBCAAといったアミノ酸系のサプリメントではないでしょうか。

よりトレーニング効率を高めていくために、、BCAAについてまとめていきたいと思います。

アミノ酸

アミノ酸とはたんぱく質を構成している物質のことです。
アミノ酸は全部で約500種類以上あるといわれており、その中でも
体組成に関わる、人体を作っているアミノ酸は20種類あります。

その20種類のホルモンによって、筋肉や、肌、髪の毛や爪、酵素やホルモン、骨などが作られています。

20種類のうちのアミノ酸のうち9種類は人体の中で作り出すことが出来ず、食物等から摂らなければいけない為【必須アミノ酸】と呼ばれます。

プロテインの成分表にも記載されていますが、『アミノ酸スコア』というそれぞれの必須アミノ酸がその食品の中にどの程度含まれているかのスコア
があります。

必須アミノ酸はある一定の比率で摂取することが重要であり、必須アミノ酸のうち一部のアミノ酸を摂取しても十分に吸収されません。
9種類のアミノ酸が全て一定の比率以上含まれることでたんぱく質合成する為の効果が発揮されます

EAAとトリプトファン

BCAAではなくEAAの話になりますが、9種類の必須アミノ酸が含まれていないと、筋合成のサプリメントとしては効果が低減すると考えられています。

EAAの製品によっては8種類のアミノ酸しか含まれていない製品があります。
多くはトリプトファンが含まれていません。

トリプトファンを摂取すると、セロトニンになり夜にはメラトニンとして分泌されて眠気を誘発してくれます。

EAAにトリプトファンが含まれていないケースが多い理由としては
過去にアメリカで昭和電工という会社が『トリプトファン事件』という健康被害を伴うサプリメントの事故をひきおこしました。

トリプトファンが原因と考えられていた事故でしたが、原因はトリプトファンそのものではなく製造過程で発生した不純物によるものという説が有力となりました。

その事故がきっかけとなり、アメリカではサプリメントにトリプトファンを使用できない時期があった経緯がありEAAにもトリプトファンが含まれていないものが存在しているようです。

トリプトファン自体に害があったわけではない事がわかっており、EAAを摂取する際にはトリプトファンを含む9種類のアミノ酸が含まれたものを摂りましょう

BCAA(分岐鎖アミノ酸)

アミノ酸は全部で約500種類以上存在し、その中でも20種類が体を構成することに使われているアミノ酸です。

その20種類のうち更に重要かつ筋肉を構成する必須アミノ酸のうち約35%を占めるのが『バリン』『ロイシン』『イソロイシン』の3つのアミノ酸の総称であるBCAAです。

BCAAの効果

筋分解を防ぎ、筋合成を促進する

BCAAは筋を合成するトリガーともなり、より体作りをすすめていきたい人にとっては有益です。
血中のBCAA濃度を高めておくことにより、筋タンパクの合成を促進して分解を抑制してくれます

直接エネルギーになる

BCAA以外のアミノ酸は肝臓で代謝が行われますが、BCAAは多くが筋肉中で代謝されます。
エネルギーが枯渇しかけるとエネルギー源としても利用される為持久力の向上も期待できます。

トレーニング中にBCAAを摂取せずに運動すると筋肉からBCAAを取り出してしまう為筋分解が起きやすくなってしまいます。

集中力

BCAAには運動時に疲労を感じさせる物質である『セロトニン』の
作用を抑制する効果があります。
セロトニンを作る前駆体であるトリプトファンとBCAAは脳に入る際
同じトランスポーター(受容体)を使う為、脳にトリプトファンが取り込まれにくくなる為、BCAAを摂取すると集中力が低下しにくくなります。

運動を実施して、BCAAが使われてBCAAの濃度が下がると相対的にトリプトファンの濃度が高くなってきてしまいます。
運動中にだるくなって来たり、生あくびが何度も出ることを経験したことがある人は多いと思います。
それはトリプトファンが優位に脳へ取り込まれる事が原因です。

BCAAは軍隊の夜間訓練などでも使用されることがあるそうです。

逆に言えば夜のトレーニングや、就寝時間に近い時間帯でトレーニングする際はBCAAは避けた方が良いかもしれません。

EAA VS BCAA

では同じアミノ酸でもEAAとBCAAどちらを優先して摂取したほうが良いのでしょうか。
前提としてはEAAをしっかりと摂取しましょう。
前提が整っているのであればBCAAを摂るべきです。
筋トレをするとBCAAは優先的に筋肉で使われる為EAAでしっかりと前提条件をクリアしてそのうえでBCAAを摂取することでより効果が期待できます。

トータルで10g程度のBCAAを摂取するようにしましょう。

血糖値とアミノ酸濃度

血糖値が下がると体からはサインが出ます。
空腹感を強く感じたり、倦怠感が出ます。それは血糖値が下がっているサインで本能的に食事を摂りたい欲求が生まれます。

しかし血中のアミノ酸濃度が下がってもサインはでません。
だからこそ、時間や間隔を決めてプロテインや、EAA、BCAAを摂取することでより体作りは進んでいくはずです。

BCAAの摂取タイミング

BCAAの摂取タイミングとしては、トレーニングの前・中・後が有効と考えられています。

高強度のトレーニングの場合は、トレーニングの前・中・後に分けてトータル10-20g程度を目安に摂取して、トレーニング後にはプロテイン+糖質を併用します。

基本的にはトレーニングに近いタイミングでの摂取が好ましいと考えられています。

必須アミノ酸のD-型とL-型について

サプリメントの成分表をみてL-○○とかD-○○と記載された名称を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

日本国内では、L-体以外の使用は日本の食品添加物に認可されていない為『バリン』と『L-バリン』は同じ意味となります。
基本的にD-型は流通していないということなのであまり気にしなくてもよさそうです。

まとめ

トレーニングを行う上で、やはり効率よく効果を感じたい方が多いはずです。
サプリメントを摂取したからといって目に見えてぐんぐん体が変わるということは中々ありませんが、日々の少しずつの積み重ねで時間がたった頃に変化を実感できるはずです。
日々の積み重ねの+αとしてサプリメントの有効利用を考えてみてください

編集後記

10月もまもなく半ばに差し掛かりそうなところでいよいよ気温がさがってきました。
いつも基本短パンで過ごしているのですが、そろそろ短パンを辞めるタイミングを
見極めなければならなそうです。。。


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

プロテインは水と牛乳どっちで割るべき? vol.44

体脂肪燃焼させるサプリメント、何を選ぶ? vol.37

プロテインの効果的な摂取方法 vol.32

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

プロテインの効果的な摂取方法 vol.32

プロテイン

 

日本においてもサプリメント市場は年々拡大傾向にあります。

実際に指導させていただいているお客様からサプリメントについて質問される機会も増えました。

何度かこちらのブログでも記事にしていますが、
トレーニングにおけるサプリメント摂取において最も王道であるプロテインについてより効果的な摂取方法について書いていきます。

プロテインの種類・選び方

 

プロテインの主流となっている素材は主に3つです。
他にも羊から抽出されたゴートプロテインや、エッグプロテイン、コオロギプロテインというものまでありますが主流となっているプロテインを紹介します。

ホエイ(乳清)

プロテインの王道にして、最も優れており一番人気のあるプロテインの素材です。

特に筋肉の原料となる、BCAAと呼ばれるアミノ酸を多く含みます。
吸収スピードが速く、安価なことから最も人気な素材です。

カゼイン(牛乳の乳タンパクの主成分)

カゼインプロテインはホエイプロテインに比べると吸収スピードは落ちますが
、裏を返すと吸収スピードが遅い為、長時間に渡って血中アミノ酸濃度を高く保つ事ができます。

就寝前にカゼインプロテインを飲むことによって、就寝中の血中アミノ酸濃度を高く保つ事ができる為おススメされるのですが、
就寝中もカゼインプロテインを吸収する為に胃腸が働き続けることになるため消化器が休まらない事がデメリットにもなります。

悩ましいですが、その点を考慮するとやはりホエイプロテインに軍配が上がるのではないでしょうか。

大豆

大豆プロテインは、ホエイプロテインよりも吸収は遅く、カゼインプロテインよりも早く吸収されます。
食後熱産生と呼ばれる摂取後の消化吸収に渡って産生される熱が高く、ダイエット向きではあります。

以前はアミノ酸組成が低かったものの現在はアミノ酸スコアが100のものがほとんどになりました。
BCAAの含有量はホエイプロテインの方が高くなっています。

BCAAの豊富さや、価格、バラエティーを考えてもホエイプロテインを第1選択にするのが望ましいでしょう。

プロテインの効果的な摂取方法

トレーニング後30分以内がサプリメント摂取のゴールデンタイム。
そして単にプロテインを飲むだけではなく、デキストリンなどの糖質を一緒に摂取することによってよりプロテインを効果的に摂取することが出来ます。
筋トレ後のエネルギーが充足していない状態でたんぱく質を摂取しても
タンパク質がエネルギー補給に使われてしまい筋肉の合成の為には使われにくくなってしまいます。
糖質とプロテインの比率を4:1にして量としては40g程度摂取することが望ましいとされます。

その他の摂取タイミングとしては食後が望ましいと考えられます。
食事によってエネルギーが十分に満たされているため、筋合成にエネルギーが使われやすくなることと、食後のインスリンの働きによって筋肉により効果的に取り込まれます。

そして、体重・筋肉量を増やしたい人は間食時のプロテイン摂取も勧められます。
MRP(ミールリプレイスメント)という糖質やその他の栄養素を多く含むプロテインを活用することが推奨されます。

まとめると代表的なプロテインの摂取タイミングは、食後・食間・トレーニング後が望ましいです。

それ以外にも就寝の1-2時間前に摂取すると成長ホルモンの分泌と合うため効果的ですが、就寝時に胃腸に負担がかかるため様子を見ながら摂取するようにしましょう。

更にプロテインをトレーニング前に摂取することによって、トレーニングの中の血中アミノ酸濃度を高く保つことができる為筋肉のカタボリックを抑えることが出来ます。
根拠のレベルとして高いのはトレーニング直後ですが可能であればトレーニング前にもプロテインを摂取して血中アミノ酸濃度を高めるようにしましょう。

また、余談ですが筋トレをすることでm-TORという筋合成スイッチが入ります。
筋トレをしてマイオカインというホルモンが分泌されないと筋肉は作られません。
余程栄養状態に難がある状態の時以外は、
プロテインは飲むだけではなく、結局筋トレを合わせて実施しないと筋肉はつきません。

体重を増やすためにMRP(ミールリプレイスメント)を飲む

このブログではとにかく体重を増やしたいという方にも比較的多くみていただいています。

中々体重が増えなくて困っているという方には、ミールリプレイスメントをおススメします。
ウェイトアッププロテインというような名称で販売されていることもありますが、プロテインに糖質とビタミンやミネラルの微量栄養素をいれたプロテインだとお考え下さい。
食事の代わりになるような栄養素バランスのサプリメントです。
これを食間に摂取することで体重の増加、ひいては筋肉量の増加を期待することが出来ます。

そしてMRPはわざわざ購入しなくても、
バナナ+プロテイン や おにぎり+プロテインでも代用が可能です。

食べても食べても下痢をしてしまい体重が増えないという方は、
胃腸の消化吸収能力が追い付かずとにかく体重を増やしたいという方には不向きです。

間食に頻繁にMRPを摂り入れることで効率的に体重を増やすことが出来ます。
プロテインスムージーをつくる事もかなりおススメです。 

ラグビーやアメフト等のコンタクトスポーツをしている選手には強くお勧めします。
特に練習量が多いと、疲れて食べれないということも多いはずです。
時間も胃腸の負担もかけずに液体で飲めるのは大きなメリットです。

あるプロレスラーは、どうしても通常の食事ではお腹を下し体重を増やせなかったのが1日に8回MRPを摂取して20kg以上の増量に成功したというケースもあります。

まとめ

一口にプロテインといっても色々な種類や、
摂取タイミング、目的に応じて様々です。
せっかく取り入れるのであれば最大限効果的に摂取できるよう参考にしてみてください!


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

プロテインを飲むと太る? たんぱく質の重要性を考えるvol.3 

ダイエット時はプロテインを飲まない方が良いvol.11

プロテインは体に悪いのか?腎臓への負担について vol.17

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

おすすめプロテイン3選! 筋トレ初心者必見 vol.19

おすすめプロテイン

プロテインのメリット

こんにちは、武蔵小山EAGLE BASEのパーソナルトレーナー沖津です。
目黒区武蔵小山にてパーソナルジムを運営しています。

今回はジムに通い始めた、トレーニングを開始した人に向けた
おすすめプロテイン解説です。

筋肉をつけるためにプロテイン!というのはかなり浸透していると思いますが、逆に今は選択肢が増えすぎてどの種類の何のプロテインを買ったら良いのかわからないという人も多いと思いますので、おすすめプロテインをご紹介していきます。

まずそもそもプロテインを摂取するメリットについてです。

筋肉を作る

プロテインを摂ろうと考えている人はまず最初にこちらが浮かんでくるのではないでしょうか。

筋肉を合成するためには十分なたんぱく質量の摂取が必要となります。

ざっくりですが、筋トレをしていて筋肉をしっかりとつけたい人は体重の2倍g程度のタンパク質の摂取が必要です。
体重70kg程度の男性なら140gは摂取したいところです。
軽度の運動をする人であっても、体重の1.5倍は必要です。

肉の種類によって差はありますが、大体100gの肉で20g程度のたんぱく質が摂取できますので、
食事から必要分たんぱく質を摂ろうとすると肉だけでいうと700gもの量が必要になってしまいます。

他の食材からも摂るとしても少し現実的ではないので、筋肉をつけるためにプロテインを摂ることはとても理にかなっています。

肌や髪の毛もたんぱく質からできている

プロテイン=筋肉のイメージがかなり強いですが、肌や髪の毛、爪なども
タンパク質からできています。

なので爪が割れやすい、肌や髪の調子が悪いと感じる人はたんぱく質不足かもしれません。
しっかりとたんぱく質を補給しましょう。

食事から摂るより手軽でコスパが良い

一日に体重の約2倍のたんぱく質を食事からだけでとろうと思ったら、
食べるのも勿論大変ですが、それ以上にお金がかなりかかります。

その点プロテインであれば、同じたんぱく質量あたりだとかなり安価に摂取することが出来ます。
3kg6000円のプロテインだとして1回分が30gとしても、
一回の摂取分で60円の計算になります。
もっと金額の高いプロテインだとしても、ペットボトルのジュース1本よりは
安くなることがほとんどです。

プロテインの種類

プロテインと一口にいっても実に様々な種類の商品が出ています。
自分に合ったものを選ぶためにも、簡単に解説します。

ホエイ

最初に言ってしまうと、
最もホエイプロテインがおすすめです。
これが断トツでおすすめです。


コストパフォーマンスが高く、購入しやすいため、
初心者でよくわからないという人はまずはこちらを選びましょう。

ヨールグトの上澄み部分などを生成したのがホエイプロテインで、
プロテインの種類の中でも一番流通していて購入しやすく
価格も安いです。

そしてホエイプロテインの製法によってWPCWPIというものに分かれます。

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

WPIはWPCに比べて、精製の精度が高くタンパク質以外の成分が極力除外されています。
プロテインに含まれる乳糖という成分のせいで下痢をしてしまう人が一定数います。
乳糖不耐症という特性を持っている方は乳製品に含まれている乳糖を摂ってしまうと下痢を起こしますので、そういった方はWPIを選択するようにしましょう。

また減量中などで極力糖質など、タンパク質以外の成分を摂取したくない人はWPIが良いです。

しかし、それ以外の方はWPCをおすすめいたします。

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)

WPCはWPIよりも乳糖なども含む為やや一回分当たりのカロリーが高くなり、たんぱく質以外の細分も含まれます。
ただしコスト的にもWPCの方がお得になることがほとんどですし
微量栄養素などはWPCの方が多く含まれているため栄養価は高いです。
また販売されているホエイプロテインはほとんどWPCの為購入の際の選択肢も多くなります。

カゼイン

カゼインプロテインも乳たんぱく質の一種であり、ホエイプロテインに比べると吸収が遅い為、長時間にわたりアミノ酸を供給でき、
就寝前や、食間が空いてしまう場合に摂取が推奨されます。

エッグ・ビーフプロテイン

エッグプロテインは卵白を使用して作られたプロテインであり、アルブミンを多く含むのが特徴です。
ビーフプロテインは海外で製造されているプロテインで、その名の通り
牛肉を使用して作られています。
クレアチン多く含まれている点がメリットです。

ただし初心者におすすめという点で考えると、この辺りは基本的に選択肢から外れます。

最もコスパがよく、購入もしやすいホエイプロテインが無難であり
一番おススメです。

 

おススメプロテインTOP3

では具体的な商品でおすすめのプロテインを紹介していきます。

No.3 DNSホエイプロテイン

プロテインホエイ100 3150g, , large

[blogcard url=https://shop.dnszone.jp/item-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%A8%E3%82%A4100/4573290283553.html?cgid=all]

まずDNSホエイ100プロテインです。
最初のおすすめポイントとしては
・味が美味しい
・フレーバーの種類が豊富


ストロベリー・抹茶・バナナ・カフェオレ・バニラ・チョコレート・レモン
・マンゴー等たくさんの種類がありどれも美味しいです。

私はプロテインは甘い方が好きなので気にならないのですが
お客様からのフィードバックでは、ちょっと甘すぎるのが苦手という人もいるのでその場合は既定の量より水分をやや多めにするのがおすすめです。

個人的には抹茶・カフェオレがおすすめです!
正直レモンは唯一個人的には苦手なのですが、プロテインのミルクっぽさ・甘さが気になる方には評判が良いようです。

そして、スポーツショップや量販店など比較的店頭にて販売されていることが多く購入しやすいです。
意外と筋トレ初心者の方だとネットからプロテインを買うとなると敷居が高く感じる方も多いと思います。

DNSの中でも、WHEY100シリーズがおすすめな理由としては
タンパク質の含有量が24gと十分にあることです。
他の成分はあまり入っていいないのですが、プロテインというだけあって
まず重要なのはたんぱく質の含有量が一番大事です。
その為WHEY100は他のラインナップに比べコストパフォーマンスが良い為
こちらをおすすめします。

ただし、この後に紹介する商品に比べると金額がやや高くなってしまうのがネックです。

No.2 マイプロテイン

[blogcard url=https://www.myprotein.jp/sports-nutrition/impact-whey-protein/10530943.html]

プロテイン市場では今や最もメジャーなのではないでしょうか?

海外ブランドにも関わらず、圧倒的知名度を誇っています。

マイプロテインの一番の特徴はとにかく安い!
これに尽きるんではないでしょうか。

マイプロ名物のセールがかなりの頻度で実施されていてもはや
セールじゃない時があるのかといえるくらいです。

定価がよくわからないくらいです。
そしてフレーバーの種類が滅茶苦茶多く、一見するとどんな味かよくわからないフレーバーも結構あります。

またアパレルや、フィットネス小物も販売していて商品数はとんでもないことになっています。
アパレルもすごく安いのですが決して安かろう悪かろうではなく、全く問題なく使用できます。

デメリットとしては、プロテインに関していえば美味しくないというわけではないのですが
味付けが全体的に海外のサプリメントっぽいです。

日本人にとってはフレーバーによって当たり外れが激しいため、フレーバー選びは慎重になった方が良いです。

そしてもう一点は、特にセール時に購入すると到着にかなり時間がかかることと梱包に難があるだということです。
梱包に関しては最近改善されているようですが、到着まで時間がかかるのはモチベーションに関わりますのでそこがネックです。

No.1 エクスプロージョン

[blogcard url=https://store.x-plosion.jp/shopdetail/000000000007/ct7/page1/order/]

プロテインの個人的的NO1はこちらのエクスプロージョンです。
国産のプロテインではかなり安い方に入ります。
3kgで税込5,281円、3kg3個セットで14,376円となっており同価格帯の国産プロテインは他に少ないのではないでしょうか。

フレーバーも種類が多く今のところ10種類近く利用したことがありますが
1つも外れはありませんでした。
海外プロテインのくどい感じは一切なく、かといって薄すぎず飲みやすいです。
おススメフレーバーは杏仁豆腐とフルーツオレです。
しかしほかのフレーバーもどれも飲みやすく安いです。

注文から発送までも早く、これといった欠点が見当たりません。
海外プロテインはなんとなく不安だけど安くて美味しいプロテインが良いという
筋トレ初心者は是非こちらをおすすめします。

番外編 太りたい人のプロテイン

中々体重が増えない人のことをハードゲイナーと呼びます。
そういった方に向けたプロテインで、ウェイトゲイナーと呼ばれるものや
ウェイトアッププロテイン
などと呼ばれる商品があります。

ですが、あまりこれらはおすすめしません!
なぜかというと、1回分のカロリー量を増やすために糖質量を増やしたものが多く肝心のたんぱく質含有量が少ないものが多い為です。
ものによっては1回分でたんぱく質10gを切るものもあります。

では、どうしたら良いかというと通常のプロテインに
粉飴あるいはマルトデキストリンを追加して混ぜるがおススメです!

これらは簡単に言うと甘さが控えめの砂糖のようなものです。
粉飴はamazonや大きめのスーパーでも購入できますし、
マルトデキストリンは前述のマイプロテインでも購入できます。

通常使用しているプロテインに、これらを入れると
自家製ウェイトゲイナーになりたんぱく質も取れてコストも
非常に安価で済みますのでお試しください!

ダイエット時は基本的にプロテインを摂らない方がよい

あくまでも一つの考え方ですが、ダイエット時には『基本的に』プロテインをおススメしていません。

関連記事はこちら

 

以前の記事にもあるように
・DIT(食事誘発性熱産生)の恩恵を受けにくい
・咀嚼がない為満腹感が得られにくい
・腹持ちが悪く満腹感を得にくい
からです。

ただし【基本的には】であり、同じカロリー・たんぱく質を摂取するのであればリアルフードの方が良いということで絶対にプロテインがダメというわけではありません。

1日の食事の中で明らかにたんぱく質が足りていなくて、食事から摂取するのが厳しい場合はプロテインを活用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今はプロテイン商品もコンビニやドラッグストアなどで多く見かけるようになり、市民権を得てきたように思います。

その分何を選んだらよいのかもわかりにくくなっています。
特に筋トレ初心者の方は、是非参考にしてみてください。


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

1週間プロテインのみ生活の記録公開 vol.106

プロテインの選ぶポイントと一番美味しいプロテイン vol.98

体重を増やしたい人はとにかく飲め!プロテインスムージーで効率的に太る vol.59

プロテインは水と牛乳どっちで割るべき? vol.44

プロテインの効果的な摂取方法 vol.32

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

ジム初心者向け必要な持ち物を徹底解説!vol.18

ジム初心者

武蔵小山のパーソナルトレーナー沖津です

こんにちは、武蔵小山・五反田で活動するパーソナルトレーナー沖津です。
武蔵小山・五反田を中心にパーソナルジム・レンタルジムにて活動しています。

今回はジム初心者の方へ向けた必要な持ち物を徹底解説いたします。

最近だとエニタイムフィットネスをはじめ24時間ジムも増えてきました。
昔に比べて自宅の近くにジムがあるという方も多いのではないでしょうか?

意外と多いのがスポーツクラブや24時間ジムに通おうと思った時に
必要な持ち物は何なの?という質問をよくされます。

そこで初めてジムに通う方へ、必要な持ち物とそれを選ぶ際のポイントを
お伝えしたいと思います!
もちろん既にジムに通っている方にも参考になると思いますので是非ご覧ください。

シューズ

まず最初にもっていくものの中で一番重要なものはシューズです。

これは実施したい運動内容によってしっかりと選択をする必要があります。
用途に合わせたシューズを選ばないと、運動に支障が出る場合もありますし、最悪の場合ケガにつながってしまう事も。。。

まずは自身が
筋トレをメインに実施するのか、
スタジオレッスンを中心に参加するのか、
ランニングなのか、
あるいはオールマイティーに利用するのかによって変わります。

自身がどのようにジムを利用して行くのか、まずは利用目的をはっきりさせてからシューズ選びをはじめましょう!

筋トレメインで行う場合

筋トレメインで行う場合に気を付ける点はソールの部分です。
要するに靴の裏の部分、シューズの床と接地する部分が重要です。

筋トレをメインに行う場合は、ソールの部分が薄くてかたいものが向いています。

基本的にトレーニングをする際はほとんどの場合床をしっかり踏みしめて
行いますのでここが不安定だと非常にトレーニングが行いにくくなり
効率が悪くなるうえに正しいフォームがとりにくくなります。
特にスクワットやデッドリフトのような種目をランニングシューズで行うのはおススメしません。

実際におススメするシューズとしては以下です。

トレーニングシューズ

ナイキ メトコン 5 メンズ トレーニングシューズ

こちらはナイキのメトコンなどが有名です。
ソールも固めで、踏ん張りやすく様々なトレーニングに対応でき、更にデザインもカッコいいです。元々クロスフィット向けのシューズなので
ランニング以外にも使い勝手が良いのではないでしょうか。

他にもトレーニングシューズはアンダーアーマーなど各社から販売されています。
他には5本指シューズのビブラム、ここ数年だとイノヴェイトというシューズが有名です。

初心者の方にとって決して高いものが必ずしも必要というわけではないので
自身の予算にあったものを選びましょう。

もう一度おさらいですが、筋トレ中心の人はソールが薄くてかたいものを選びましょう。

ウェイトリフティングシューズ

初心者というくくりだとちょっとおススメしにくいのですが
自分はウェイトトレーニングしかやらない、一切ほかの運動はしないし
重量と筋肥大を追い求めたいんだという方
にはおススメです。

ほとんどのシューズがカカトの部分が高くなっておりソールが固いので、
スクワットやデッドリフトをしっかりやりこみたい人にはとてもおススメです。

ただし逆にトレーニング以外には使用が難しいので、他の運動もしたいという方は他のタイプのシューズも一緒に買うか、最初は違うシューズを購入しましょう。

スニーカー

CANVAS ALL STAR J HI(キャンバス オールスター J HI)茶色/ブラウン・スニーカー

玄人好みではありますがスニーカーも実はトレーニングに向いています。
熟練のトレーニーでも履いている人はたまにいます。

コンバースのスニーカー、オールスターなどが有名です。
ソールも薄くて、踏ん張りがききやすいです。
スニーカー好きの人は好んで使う場合もあります。

レスリングシューズ

アシックス(asics)2020AWMATCONTROL21081A029001BLACK/CLASSICRED27.5cm

こちらも割と玄人向けではあります。
ソールが非常に薄くて地面の感覚をつかむのにはおススメです。

ただし、長時間のランニングは難しいです。
しっかりと筋トレを行いたい方向けです。

後は、ジム初心者がレスリングシューズで行くとちょっと玄人感が出るので
それが恥ずかしいと思う人は最初は避けた方が良いかもしれません

ランニング・スタジオレッスンメインで行う場合

ランニングシューズ

「2020年版 ランニングシューズのおすすめランキング」の画像

個人的な感覚ですが基本的に運動靴として販売されているものでは
ランニングシューズが多いのではないでしょうか。

筋トレ用とは逆で、ソールはやや厚く衝撃を軽減するために
柔らかいものが多い
です。
その為ランニングに向いていて、各関節への負担を減らしてくれます。
疲れにくさもメリットとしてあります。

ランニングやスタジオレッスンの参加がほとんど
筋トレはほぼやらないか、やってもレジスタンスマシンが中心という方は
ランニングシューズを選ぶのが良いと思います。

フットサルシューズ

MIZUNO(ミズノ) Q1GA1700 インドア フットサルシューズ モレリア IN ...

意外にもフットサルシューズは筋トレに向いています。
筋トレ中心の人が選ぶ際のポイントである、ソールが薄くてかたいをクリアしています。

そしてもちろんフットサル用なので走ることに利用もできます。
ただしややソールは薄めなのでかなり過体重の人は選ぶ際慎重になった方が良いかもしれません。

フットサルシューズのメリットとしては
元々フットサル向けの為走るのにも向いている
筋トレにも使用できる
価格帯が安いものが多い
デザインが豊富

かなり万能シューズです。
スポーツショップに行けば大体売っているので、迷ったらこちらを選べば
間違いないと思います。

ウェア

スポーツクラブで10年働いた経験からいわせていただくと、
ウェアに関しては、正直動きやすい服装であればなんでも良いと思います。

こんな服装だと恥をかくかもしれない・・・など気にする必要は一切ありません。
自分が気にしていても周囲は全然気にしていないので普通のTシャツ短パンでオッケーです。
学生時代のジャージの人もたまにいますが全然問題ありません。

ただし、あえていくつかポイントを上げると
女性であればかわいらしい服装やあこがれている芸能人や有名人が来ているようなウェアだとモチベーションが上がってジム通いにも楽しくなってきます。

特に女性は、タイトなレギンスに上はカラフルなタンクトップなど多くなっています。
今は女性向けフィットネスウェアも非常に多いのでインスタ映えしそうなウェアでフィットネスライフを楽しむのが、長く続けるコツでもあります。

男性も最近は国内・海外のフィットネスウェアも増えてきているので、露出が多めのウェアで自身の筋肉のパンプを感じながらトレーニングに励むのもモチベーション維持に良いかもしれません。

あまり鏡の前でポージングをするのは周囲の迷惑になるのでほどほどにしましょう。

また運動面ということでいうと、下半身のトレーニングの際に下半身の動きがわかりにくいのでだぼっとしてひざ下まであるようなバスケット用のパンツはおススメしません。
膝や下半身の動きがわかるようなウェアを選びましょう。

タオル

汗をかいたときなどに、汗だくのまま運動を続けて器具を汗まみれにするのはマナー違反です。
タオルを1枚持って行って自身の汗を拭いたり、器具についた汗を拭きとるように持っていきましょう。

ボトル・ドリンク

ジム内の自動販売機で、飲料を買うのも良いですし
自分の好きなメーカーのボトルに水やサプリメントを入れて水分補給をするのも良いと思います。

決して高いものを必ず選ぶ必要はありませんが
個人的なボトルのおススメはハイドロフラスクというメーカーのボトルです。

やや値段ははりますが、中に入れた飲料がとても冷えにくく
ずっと冷たいままでキープできます。
また、デザインもおしゃれなものが多く様々なデザインやカラーから選ぶことが出来ます。

サプリメント

ここ数年はYouTubeの影響などもあり
ジム初心者の方でもサプリメントに興味を持つ方が10年前に比べて非常に増えました。
初心者でもマニアックなサプリメントを購入している方もいたり明らかに
サプリメント市場が以前に比べて盛り上がっているのを感じます。

ただし、初心者の方ということで限定すると
はじめのうちからあれもこれもマニアックなサプリメントを一通りそろえる必要はないと思います。

最初は摂ってもプロテインとクレアチン、マルチビタミン程度で良いと思います。

まずはジム通い・運動を継続する事が重要で、
しっかりと食事から適切な栄養量を摂ることが重要です。
運動初心者の方が思っている以上に劇的な変化がサプリメントを摂ったからといって起きる訳ではありません。

まずはしっかりと、運動を継続して食事をしっかりととり睡眠を十分にとる。
そのうえで運動が続いて体力が向上してきてやや停滞してきたときに
+αとしてサプリメントの摂取を考えるのが良いと思います。

最初からあれこれサプリメントを摂る必要はありません。

トレーニングギア

トレーニングを効率的なものにして、かつケガを予防するためには
トレーニングギアを使うことも有効です。
最初に色々とサプリメントをそろえるよりは、もしかすると必要なトレーニングギアを購入した方が良いかもしれません。

トレーニングベルト

トレーニングベルトは、主にスクワットやデッドリフトといった種目を実施する際に、腹圧を高めることを目的としたトレーニングギアです。
腹圧を高めることによって、腰痛など腰のけがを予防してくれます。
ベルトで腹圧を高めることにより挙上重量をUPする効果もあります。

ただし、ベルトをぎっちり巻いているものの肝心のフォームが
とても危険なフォームのまま
やっている方もいます。
初心者の場合はトレーニングベルトを使用せずまずはしっかりと
適切なフォームを習得することから始めましょう。

また、トレーニングベルトをいつも使用することで自身で腹圧を高める能力が養われない可能性も示唆されます。
特にスポーツの補強の目的の場合は、ベルトを使用することのデメリットもあります。
よほど腰痛の不安がない限りは、適切なフォームでベルトを使用せず行うことも選択肢に入れましょう。

パワーグリップ

パワーグリップとは主に背中のトレーニング時に使用します。
背中や引くトレーーニング時に使用するのですが、背中の筋肉がオールアウトする前に先に握力がなくなってトレーニングが継続できなくなってしまう事が多々あります。

その際にパワーグリップを使うことで、握力をさほど使わずトレーニングできるため背中を追い込むことが出来ます。
また、前腕の力みがかなり減る為狙った筋肉に刺激を与えやすくなります。
ダイエットやボディメイクが目的の場合はトレーニングギアの優先順位としてはかなり高いのではないでしょうか。

ただし、デメリットとしては当然あまり握る必要がなくなる為、
握力の強化はできなくなります。
スポーツの補強や、日常生活動作(ADLといいます)や健康維持・増進の為にトレーニングをするのであればパワーグリップを使わない事も選択肢に入れるべきです。

筋肉をつけたいという場合はとても強力なツールですが
目的に合わせて使うかどうかを選択しましょう。

ちなみにゴールドジムのパワーグリップが一番有名であり、
値段は高くなりますがプロタイプをおススメします。

リストストラップ

ほぼパワーグリップと使用用途は同じです。
メリットとしてはリストストラップの方がしっかりとバーやグリップに巻き付けるためがっちりとホールドすることが出来ます。
デメリットとしては、バーやグリップにセットするのがパワーグリップに比べるとやや面倒なところでしょうか。

リストラップ

リストストラップと間違えられがちですが、リストラップというツールもあります。
リストラップは主にプレス系の種目で使用します。
ベンチプレスや押す系の種目ではとても手首を痛めやすいです。
その為手首を保護するために利用します。

またプレス系の種目では、手のひらの指側の方ではなくしっかり掌底部分に重量を乗せ、手首に重り乗せて動作することが重要です。
リストラップを使用することで自然とその感覚が身に付きやすく
重量も上昇しやすくなります。

プレス系の種目が苦手な方や、手首を痛めやすく不安を持っている方は使用を検討してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
私の今までの経験をもとに、ジム初心者に、必要な持ち物を説明させていただきました。

まずいえるのは、まずは運動できる服装と靴が最低限あればOKなのであまり不安に思いすぎずまずは一歩を踏み出すことが重要だと思います。

持ち物によって、トレーニング効率を上げてくれたり、モチベーションを上げてくれたりと様々な効果が期待できます。

何を用意してよいのかわからなかったら是非上記を参考にして運動を初めてみてください!


こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLE BASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

目黒区武蔵小山にてパーソナルジムの運営をしています。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

サウナスーツは痩せる?ダイエット効果はあるのかについて vol27

ジム通いを継続する5つのコツvol.6

フリーウェイトとマシントレーニングの メリット・デメリットについて vol.20

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

お問い合わせはこちら

 

プロテインは体に悪いのか?腎臓への負担について vol.17

プロテインは体に悪いのか

こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLE BASEの沖津です。
目黒区を中心にパーソナルジムを運営しています。

今回はプロテインの飲みすぎは体・腎臓に悪いのか?についてです。
ひと昔前に比べるとプロテインもかなり市民権を得てきたように思います。
コンビニに行っても手軽にプロテイン商品を購入できるようになりました

またプロテインの種類も昔とは比べ物にならないくらい増えて様々な選択肢が増えました。
10数年前のプロテインといえば全然とけずにダマになる上に味もあんまり・・・でした。
更にさかのぼるともっと美味しくなかったようですが。

その分、前職の時にはたくさんのお客様からプロテインについての質問がかなり増えたように感じます。
ですが、そのほとんどがなんとなく知人に言われたなどというものが過半数を占めていました。

そもそも、プロテインというのは牛乳やヨーグルトの上澄み部分を精製して作られています。
つまり牛乳やヨールグトの成分の濃縮版みたいなものであり、そう考えるとそこまでプロテイン=やばい のように考える必要はないと思います。

タンパク質を摂っても腎臓は悪くならない?

筋トレによって筋肉を増やすためにはタンパク質の摂取は欠かせません。
腎臓は体にたまった老廃物を排出したり、体の水分量を調節したり
体にとってはなくてはならない役割を果たしています。

過去に行われた動物実験においてたんぱく質の過剰摂取が腎臓にダメージを与えることが指摘されたほか、腎不全の治療ではたんぱく質の摂取制限する食事療法が重視されてきました。

しかし最近の大規模な観察研究によって、
タンパク質の食品源をきちんと見極め、過剰に摂取しなければ、腎臓にダメージを与えないということが示唆されました。

タンパク質を摂るのは悪者のように言われていましたが実はそうではないことがわかったのです。
タンパク質を摂るのがダメ、ではなく何から摂取するのかという事をしっかり意識することが重要です。

どのようにたんぱく質を摂るべき?

必要以上にたんぱく質を摂取しても、使われなかったものは通常老廃物として濾過され体外に排出されます。

動物実験の結果では過剰な摂取が続くと次第に腎臓に大きな負担がかかり濾過機能に負担が生じて腎臓にダメージを与えることがわかっています。

糸球体の濾過機能が低下し老廃物が十分に排出できない状態を
『腎不全』といいます。
そのまま多量のタンパク質を摂取し続けると更に病状が悪化する為
腎不全の治療ではたんぱく質の摂取を制限する食事療法が重視されています。

多くの識者はこのような動物実験や腎不全の食事療法を根拠にして
『タンパク質の大量摂取は腎臓に悪い』としています。

しかしその後の研究では腎臓病のリスクに最も関連しているのは西洋食
であることがわかりました。
西洋食→赤身肉(牛肉・豚肉・羊肉など)、加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)、お菓子

赤身肉を摂取すればするほど、腎臓病の発症、末期腎臓病への悪化のリスクが高まることがわかりました。また、ガンの発生率も高まる可能性も示唆されています。

更に1日に1食分の赤身の摂取を白身肉や魚に代替する腎臓病の増悪リスクは減少することもわかりました。

他にも白身肉やナッツ大豆、乳製品の摂取の増加腎臓病の発症リスクが軽減されることがわかっています。
地中海式食に近いものですので、普段の食生活を地中海式にしていくことが有効です。

 

そしてたんぱく質は1日で体重1kgあたり1.62g程度の摂取では腎臓にダメージを与える可能性は低いことがわかっています。

ですので、腎臓への負担を気にする人は
赤身肉をなるべく避ける。
タンパク質は乳たんぱく質・鶏肉・魚から摂取する。
タンパク質摂取量は、1日で体重の1.62g/kg程度の摂取にする。

以上の3点を気を付けてください。

プロテインの飲みすぎを気にするような人はむしろとった方が良い

そもそもですが、私が質問されたなかで多かったのは、
プロテインの飲みすぎで腎臓に負担がかかるんじゃ・・・
という方はほとんどが高齢者の方でした。
後は年代問わず女性が比較的多かった印象です。

個人的な意見ですがそのような疑問を持つ方ほどタンパク質の摂取量が足りていない方が多いです。

仮に60kgの人であれば、上記の計算で行くと1日に
約100g程度までのたんぱく質は腎臓に悪影響を与えにくいですし
ここまでのブログで述べてきたように摂取してほしい量です。

1日100gのたんぱく質というと、ざっくり100gの肉で20g程度のたんぱく質が摂取できるので肉だけで摂取するなら500g程度の肉の摂取が必要です。
もちろん他の食材からもたんぱく質は摂取できますが、意識してこのたんぱく質量を摂取しようとするとかなり難しいのではないでしょうか。

高齢者の方だと、だんだんと食事の摂取量も減っていく傾向がありますし
タンパク質を多く含む食事を摂るのも大変です。胃腸の働きから考えてもかなり意識しないと難しいはずです。

若い方だと、充分なたんぱく質量の摂取が出来ていないと
筋肉量が少なく脂肪の多い隠れ肥満タイプの体形になりがちです。
高齢の方だとたんぱく質量の摂取ができていないことで
サルコペニアと呼ばれる、筋肉量の減少がおき、それに伴い
日常生活動作がしづらくなっていきます。

 

であれば乳タンパクが主成分であるプロテインをしっかり摂ることはメリットが大きくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ボディビルダーを目指して、1日に体重の5倍も6倍もたんぱく質を摂取していれば腎臓に負担はかかるかもしれません。

ですがプロテインの飲みすぎは腎臓に悪いんじゃ・・・という疑問を持つ人
程タンパク質をしっかり摂れていない為プロテインを日常的に利用するべきだと思います。

もう一度ポイントを振り返ると、
赤身肉を避けて、乳製品・白身肉・魚などからタンパク質を摂取する
1日に体重1kgあたり1.62gのたんぱく質の摂取を心がける

こちらを意識してみてください。


パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

おすすめプロテイン3選! 筋トレ初心者必見 vol.19

1週間プロテインのみ生活の記録公開 vol.106

プロテインの選ぶポイントと一番美味しいプロテイン vol.98

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/

プロテインを飲むと太る? たんぱく質の重要性を考えるvol.3 

プロテイン

こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLEBASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。
目黒区を中心にパーソナルジム・レンタルジムにて活動しています。
今回はプロテインを飲むと太るのか?について記していきます。

スポーツクラブの社員として勤務していた時は、よく通っている方から「プロテインを飲んだせいで太った!」「知り合いがプロテインを飲んだせいで体重が増えたらしい!」なんてことを言われることがしばしばありました。

本当にプロテインを飲むと体重は増えてしまうのか?現在の考えをまとめました。 

まず最初に結論から言うと、プロテインだけが原因で太ることは考えにくい。むしろ太りにくい身体づくりに役立つ。
ただし捉え方によっては絶対に太らないとは言えない。

現在の個人的な考えでは以上になります。
詳しくは下記を見ていきましょう!

『太る』ってどういうこと?

まず考えなくてはいけない事は、『太る』ということについて
定義しなければなりません。
太るとは、
体重が増えること・筋肉が増えること・脂肪が増えること・体脂肪率が増える、、、など様々なケースが考えられます。
しかしそれらを全て『太った』と表現してしまうのは少し乱暴な表現です。

そもそも、なぜ大半の人は太りたくないということから考えていきます

①見た目が良くないから

「プロテインを飲んだせいで~」と言う人は恐らくほとんどの人はこの点を気にしているのではないでしょうか?

二重アゴ・丸々としたお腹・たるんだ二の腕・・・、夏が近づくと
このあたりが気になる方も多いはずです。

②健康に良くないから

内臓脂肪が増えることで、アディポサイトカインと呼ばれる生理活性物質の産生・分泌に異常をきたし、糖尿病をはじめとした生活習慣病に罹患するリスクが高まります。

中にはお医者さんに言われて運動やダイエットを始めた、という方も
たくさんスポーツクラブにはいらっしゃいます。

見た目にとっても、健康面からみても、体重が増えた=太ったではありません!

同じ身長・体重であれば、筋肉量が多いほうが痩せて見える

同じ1kgの筋肉と脂肪であれば、脂肪の方が
体積は多くなります。つまり見た目は脂肪の方が大きくなります。
同じ体重という前提であれば
筋肉が増える → 痩せて見える
脂肪が増える → 太って見える

ということになります。

ですので、ここでいう『太った』とは
脂肪が増える あるいは
体脂肪率が増える と考えるべきであり
体重が増えたからといって太ったとイコールにしてはいけないということです。
体重が増えたと!いっても筋肉が増加して、体脂肪は減り
結果見た目は痩せているというケースもあるからです。

体重は色々な要素でかわる

そもそも体重というのは測るタイミングによって1-2kg程度なら簡単に変わります。
・前日に摂った食事などが胃や腸に滞留している
・尿・便の排泄の有無
・体の中の水分量

単純に水をたくさん飲む、食事の前後で大きく変わります。
体重とはいろんな要素が含まれている為、プロテインで太ったということを確定させるのは難しいです。

プロテインは太りにくい
プロテインのメリット

メーカーや種類によって変わりますが
プロテインは大体1回分120kcal、たんぱく質の含有量は25g程度といった位の商品が多いかと思います。
他の食品と比べても、当然ですがとても高タンパクで高い栄養価である事がわかります。

①たんぱく質はDITが高い

DITとは何でしょうか?初めて耳にする方もいるかと思います。

食事をした後、安静にしていても代謝量が増大すること。
食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。この代謝の増加を食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)または特異動的作用(SDA: Specific Dynamic Action)といいます。

食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。食事をした後、身体が暖かくなるのはこの食事誘発性熱産生によるものです。 

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html

つまり他の栄養素に比べて、食事誘発性熱産生が高いということです。
そのことからもプロテイン=太る!とは言えないはずです

②筋肉は消費カロリーを増やす

[sitecard subtitle=関連記事 url= https://eaglebase-gym.com/diet-start/ target=self]

関連記事でも取り上げたように、プロテインを摂取することで筋肉量が増えたとしたら1日の消費カロリーは増加します。
仮に筋肉が増えたとして、体重が増えたとしても見た目上は痩せて見え、更に消費カロリーが増えると考えると体重が増えた=太ったではないことが改めてわかります。

筋肉量の増加は、基礎代謝の向上・食事誘発性熱産生(DIT)も高まります。

加齢や運動不足で筋肉が衰えると、基礎代謝が低下するだけでなく食事誘発性熱産生も低下します。逆にトレーニングで筋肉を増やすと食事誘発性熱産生は高くなるとされています。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html

体脂肪が増えた・体脂肪率が増えた=太った  とらえるようにしましょう!

③体を作る重要な要素

人間の髪の毛・肌・爪などたんぱく質で構成されています。
無茶のある食事制限やダイエットを行うことによって、栄養不足に落ちいている人、特にたんぱく質が不足している人は、十分なたんぱく質量を摂取することによって
髪のパサつきが改善されたり、肌や爪の調子が良くなるということも
非常に多いです。
トレーニングをしている人はより多くのエネルギーを消費しているので
そこに過度なカロリー制限・食事制限を行うことは逆効果です。
運動をしている人こそ意識的に摂取しましょう。

まとめ

勿論カロリーがないわけではないので、”絶対に”太らないわけではありません。消費しているカロリーに対して摂りすぎていれば起きる可能性もあります。
ただ普段口にしている食品に比べるとよっぽどその可能性は低いはずです。
なので、『太らない』ではなく『太りにくい』と表現しています。

まとめると
・プロテインは”太りにくい”
・むしろ”痩せやすい体”作りには必須
・体重が増えた=太った
 で考えない!

心身ともに健康でいられるよう、上記を頭にいれて日々の生活にプロテインをとりいれてみましょう!


こんにちは、武蔵小山のパーソナルジムEAGLE BASEで活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

目黒区武蔵小山にてパーソナルジムの運営をしています。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、武蔵小山のパーソナルジムEALGLE BASEにてセッションが可能です。

セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【関連記事】

プロテインは水と牛乳どっちで割るべき? vol.44

プロテインの効果的な摂取方法 vol.32

おすすめプロテイン3選! 筋トレ初心者必見 vol.19

武蔵小山でパーソナルトレーニングならEAGLE BASE

https://gym.eaglebase-gym.com/